スポンサーサイト

  • 2010.03.11 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


I証券のFX「SBI FXa」について

SBI証券は株式、投信、先物などさまざまな金融商品を扱うとても知名度の高い証券会社です。ネット証券の総合評価ではどうどうの1に輝くほどの信頼性があります。

そのSBI証券が提供するFX商品が「SBI FXa」。SBI証券の提供するFX商品ですから、信頼と安心という面ではとても高いレベルだと思いますが、それだけではなくスペック的にもレバレッジが最大約100倍、取引手数料が無料、スプレッドも米ドル/円で2銭と申し分ない内容の商品です。

それから、1000通貨単位から取引できる「SBI FX ミニ」というのも魅力的ですね。少額で取引できるということはFXを始めてみたいという方には敷居も高くなく手軽に始められるのではないかと思います。

SBI証券のFXを始めるにはまずSBI証券で総合口座を作ることになります。ですので、もし将来的に資産運用をFXだけではなく、株式や先物、投資信託など他のものにも視野に入れいている方にはまた新たに違う証券会社で口座を作らなくても使いなれた環境でちがう金融商品を始めることができるのでとても便利だと思います。

SBI証券のFX 口座開設


くにやす・FXについて

くにやす・FXには「FXらくだ」「mini2 FX」「FX−Bridge」という3つのFX商品があります。

「FXらくだ」は自動売買システム。システムを使って自動的に取引を行います。数百からあるシステムから有効なシステムを選択して自分のポートフォリオを組み合わせて作成します。

システム選びに際してのポイントなどは「FXらくだ」乗り方ガイトという公式HPからリンクされているブログに詳細にけいさいしてあります。

「FX−Bridge」は「ゆうゆう20」と「わくわく100」というコースに分かれていて、売買差益のほかにスワップ金利も狙ったバランスの取れた取引をしたい方には「ゆうゆう20」、ハイリスクハイリターンではあるが、よりアクティブに取引をしたい方には「わくわく100」というように分かれています。

どちらかといえば「ゆうゆう20」は初心者向け、「わくわく100」は中級者・上級者向けという感じです。

最後に「mini2 FX」ですが、こちらは「mini2 100」と「mini2 20」という二つのコースがあり、「mini2 100」の場合、1000円から取引ができるというのが魅力のFX商品です。

また最低取引通貨単位も1000通貨単位でそれも取引手数料が無料ですから、FXを始めてみたいという方には手軽に体感できる商品だと思います。無料デモより少額でも本物のお金を動かす取引とでは気持ちもかなり違ってきますからね。

くにやす・FXでは投資スタイルに合わせて豊富なラインナップのFX商品がそろっているのが特徴ですね。

くにやす・FX|FXらくだ 口座開設
くにやす・FX|mini2 FX 口座開設
くにやす・FX|FX−Bridge 口座開設


121証券のFXについて

121証券には4つのコースのFX商品があり、その中の二つはメタトレーダー(MT4)といわれるとても高性能で世界中の投資家から支持されているソフトを採用しています。

その二つとは「121Trader」と「RobotFX」です。この二つの大きな違いは「121Trader」は通常のFX商品ですが、「RobotFX」はシステムトレード対応であるということです。あとはレバレッジの違いでしょうか。

「RobotFX」でシステムトレードをするには別にシステムトレードを行うためのソフトなどが必要です。これ121証券で用意されているものではなく、自分で用意します。この部分を考えると「RobotFX」でシステムトレードを行うには初心者には敷居が高いと思います。ただ、「RobotFX」も通常の裁量取引も可能です。

メタトレーダーを使用したいために121証券で口座を作る投資家の方もいるようです。このメタトレーダー(MT4)は投資家の中でもかなり評価のたかいソフトです。一度使用してみる価値はあると思います。

121証券のFX「121Trader」 口座開設
121証券のFX「RobotFX」 口座開設


GFT東京支店について

GFT東京支店は読んで字のごとく米GFT社の東京支店です。GFT系のFX業者は数多くありますが、ここが直営という感じで信頼性というのはとても高いのではないでしょうか。

基本的にGFT系の業者のスペック自体は変わることはないのですが、あとはそれぞれの業者の特徴となりますね。

GFT系のメリットはなんといっても世界が認める取引システム、そしてその安定性ではないでしょうか。信頼性も高いので、もちろんメイン口座として使用している方もいらっしゃいますし、チャートを使用したいために口座を開く方もいるようです。

ただ、このGFT系のデメリットは、初回預入金が30万と少し敷居が高いんですよね。それから口座維持費なんですが、60日間ポジションをとっていない日が続くと不活動口座として維持費が通常の10万通貨単位のコースで8250円、Base10という1万通貨単位でのコースの場合で2750円かかってしまうのです。

ただ60日以上新規取引もポジションもなく、少しの間取引をしないということであれば、休眠口座として届け出ればある一定期間は休眠口座として口座維持費は無料になります。このあたりを把握しておかないとあとで知らないうちに口座から徴収されてしまうので気をつけないといけない部分ですね。

FX初心者には少し敷居の高いFX業者ですが、真剣にFXに取り組むのであればサザインベストメント同様、とてもお勧めのFX会社ですね。

GFT東京支店 口座開設

JUGEMテーマ:つぶやき。

オリックス証券 オリックスFXについて

オリックス証券はの提供するFX商品、オリックスFXは24時間ロイタージャパンのニュース記事を配信してくれています。それも無料で。かなり幅広いニュースを提供してくれているみたいです。

それから取引ツールもかなり多機能なソフトを利用できるみたいです。70種類以上のテクニカルチャートなども使うことのできる多機能ソフトですが、初心者の方でも操作するのに難しくないようです。いくら多機能でも使いにくくては特に初心者の方には取引自体がより複雑に感じてしまってFX取引に集中できなくなってしまいますよね。

それから初心者にとても心強いのが24時間体制のサポートではないでしょうか。取引ツールの操作が分からなくなったなど、24時間サポートがあるとなにかと安心だと思います。

もちろん信託保全も万全です。

オリックスFX 口座開設


DMM FXについて

DMM FXはDMM.com証券が提供しているFX商品です。スプレッド0銭〜0.8銭(米ドル/円)、取引手数料0円と低コストでFX取引を行うことができます。

また、信託保全も万全で投資家の資産は日証金信託銀行株式会社に信託されます。取引通貨は12通貨ペア。取引単位1万通貨単位。レバレッジ25倍、50倍、100倍、200倍から選択可能とFXを行う環境としては申し分ないスペックだと思います。

入金手数料もクイック入金を利用すれば無料ですし、出金手数料も無料です。できる限りこのような無駄な手数料というのはかけたくないですよね。

それからDMM FXにはバーチャル取引がありますので、いろいろな業者と比較してみたいとか、口座を開く前に使いやすいシステムなのかを確認してみたいとかありましたら、まずはバーチャル取引で始めてみてはいかがでしょうか。もちろん無料です。

DMMドットコム証券 DMM FXの口座開設

JUGEMテーマ:今日のキーワード

楽天証券の楽天FXについて

楽天証券の楽天FX。こちらのFX商品の特徴はスリッページが発生しないというところだと思います。ただシンプルリーブオーダーの場合はスリッページが発生することもあるようですが、ストリームング注文でスリッページが発生しないというのはコスト面でもとてもいいと思います。

また、楽天FXでは取引ツールにマーケットスピードを使用することができるのです。このマーケットスピードはいままで株式投資家30万人の利用実績ある取引ツールです。

実際に株式投資を行っている私の友人は楽天証券に口座をもっていて、マーケットスピードを利用しています。操作性も明快で取引画面などもすごく見やすいといっていました。

あと楽天FXはやはり楽天グループの楽天証券が提供しているFX商品ですから信頼性の部分はかなり高いと思いますね。

楽天FX 口座開設

JUGEMテーマ:日々のくらし

サイバーエージェントFXの外貨exについて

東証マザーズ上場企業の株式会社サイバーエージェントの100%子会社である株式会社サイバーエージェントFXが運営するFXが外貨exです。

こちらはK-1選手の魔砂斗選手がイメージキャラクターになっていますし、FX会社の中でもかなり人気があるので知っている方も多いのではないでしょうか。

1万円から始められる手軽なFXというのが売りで最低取引通貨単位も1000通貨単位からと少額からFXが始められます。また1000通貨単位から取引ができるとさまざまな通貨ペアで分散して取引ができますから、リスクヘッジにもいいのではと思います。

ただ、この外貨exは1万通貨未満の取引の場合1000通貨あたり片道で30円の取引手数料がかかってしまいます。デイトレのように頻繁にトレードを行う方にとっては1000通貨単位で取引をしてしまうと、かなりコストがかかってしまいます。サイバーエージェントFXでデイトレをする場合は取引手数料が無料になる1万通貨からの取引のほうがいいと思います。

スプレッドは業界の中でも狭いスプレッドですので、スプレッドでのコスト面は心配はないようです。

その他では信託保全も万全ですし、自己資本規制比率をみても402.1%(平成21年8月末)ですので申し分ないと思います。

またキャッシュバックキャンペーンなども頻繁に行われていますので、その時を狙って口座開設をするとお得だと思います。

人気FX会社ランキングで上位に君臨しているサイバーエージェントFX。もちろん口座開設費も口座管理費も無料ですので、口座を開いてみて、取引ツールの使い勝手などを試してみるのもいいと思います。

サイバーエージェントFX 口座開設

JUGEMテーマ:最近のマイブーム

マネーパートナーズについて

今、テレビのコマーシャルでも有名なマネーパートナーズ。ペンギンのコマーシャルが印象的ですね。

さて、このマネーパートナーズですが、大阪証券取引所ヘラクレス市場に上場しているFX会社です。なんでもFX専業業者としては初めてみたいです。

マネーパートナーズは評価の高いFX会社です。ではどのようなところが評価が高いのか私なりに調べてみたので参考にしてみてください。

まず、マネーパートナーズでは取引手数料0円、スプレッド米ドル/円2銭からというようなFX会社の高水準のスペックはもちろんのこと、万全の信託保全、スリッページが少なく、注文したレートでの約定率の高さなど、安全性や信頼性でも評価が高いFX業者です。

また100通貨単位から気軽にFXを始められるFXnanoというコースもあり、少額でFXを体験してみたいFX初心者の方には始めやすいFX商品だと思います。100通貨単位という少額ですと、手数料がかかってしまうという条件がついてしまいそうですが、このFXnanoでは手数料も無料ですので、安心してFX取引を楽しむことができます。

スプレッドの開きがやや広いという評価もありますが、それを差し引いても使いやすいFX会社だという意見が多いFX業者です。

マネーパートナーズ 口座開設

外為オンラインについて

外為オンラインは年間取引高が2年間連続でNO.1のFX会社です。評判もよいFX業者で取引手数料無料でスプレッドも米ドル/円で原則固定の1銭とコスト面でも優れています。

信託保全も信託先を三井住友銀行に委託していますし、自己資本規制比率も348.4%(2009年8月末現在)なので、安心面でも申し分ないFX会社です。

ただ、約定率という部分で少し評価が低いように感じます。この部分がもっと改善されればとても評価の高いFX会社といえるのではないでしょうか。

注文の種類も成行・指値・逆指値に加えIFD・OCO・IFDO、さらにトレール注文にも対応しています。また取り扱い通貨も24通貨ペアと抱負ですし、レバレッジも最大で約200倍までありますのでスペック面ではまったくといっていいほど問題はないので、まず最初にFXの口座を開設するのには適しているFX会社だと思います。 外為オンライン 口座開設