スポンサーサイト

  • 2010.03.11 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


FXを始めるためにまず最初の難関とは。

FXを始めようと思ったときにまず最初の難関となるのがFXの口座を開くFX業者を選ぶことではないでしょうか。

FX業者というのはすごく多くあってどれを選んでいいのかわからないなんて方も少なくないと思います。今はFXが始まったばかりのころと比べてFX業者もかなり親切で信頼性のあるところが多くなっています。

それでもやっぱり口座開設を開くのって不安が残りますよね?私もけっこう不安はありました。ただ、今のFX業者は口座開設、口座維持費などが無料のところが多いので、口座開設するだけならそれほど不安になることはないと思います。

また、FXを始めるために口座を開設するにはなにも一つの口座だけにこだわる必要もないのです。いくつか口座を開設してそこのFX業者の利点だけ使えばいいというわけです。

たとえばここのFX業者の情報は評判がいいのなら、情報収集に口座だけ開設するとか、ここのセミナーは評判がいいというのならそのセミナーのためにそのFX業者の口座を開設するとか。取引は一番信頼できるところを選ぶとか、デイトレにはここ、中長期運用にはこことかに分けて使うのもいいと思います。

そうかといってもまったくの初心者のときはどのFX業者がいいのかなんて見当もつきませんよね。そのようなときにはネットで調べると各FX業者を比較しているサイトなどがありますから、そのようなサイトをみていろいろなFX業者の特徴を調べるのもいいとおもいます。

例えばこのようなサイトです→FX会社 比較

そのようなサイトに掲載されているFX会社はほとんどが有名なところが多いですから、どんなFX会社があるのかもわかると思います。

次回はFX会社を選ぶ際に私が注意しているところを掲載したいと思います。

JUGEMテーマ:FX初心者

FXのレバレッジについて

レバレッジという言葉、FXを始めようとFXのことをいろいろ調べていると必ず出てくる言葉ですよね。ではいったいこのレバレッジとはなんなのでしょう?

レバレッジとは「てこの原理」という意味のようです。このレバレッジ「てこの原理」を効かせて、自分の持っているお金の何倍もの金額の取引ができるということです。

例えば米ドルが1ドル100円の場合、1万ドルを取引しようとすると普通では100万円必要になりますよね。それがレバレッジ10倍でしたら10万円の資金で1万ドル取引することができるというわけです。またまたこれがレバレッジ100倍でしたら1万円の資金で1万ドルの取引ができてしまうんです。とてもすごいことですよね。

ただ気をつけなければいけないのがレバレッジをかければかけるほどその分リスクというのも大きくなるということです。ですのでレバレッジのかけ方にも注意が必要になります。

まだFX取引に慣れていないときはあまり大きなレバレッジをかけずに取引自体になれることが先決だと思います。ゆくゆくは高レバレッジでデイトレなど短期トレードに挑戦なんてこともいいと思いますが、これはやはりFX取引に熟練した方がおこなう投資手法ではないかと思います。

いくつかのFX業者でもレバレッジのコースがあり、100倍以上のレバレッジをかけられるコースはそれなりの投資経験が必要など、それぞれのFX業者の規定もあります。

レバレッジはとても効率よく資金を運用できるものですが、それなりの危険も伴わせているということも頭に入れておく必要がありますね。

JUGEMテーマ:FXの用語集
 

FX業者の手数料とスプレッド

FX業者が主に利益としているものは取引手数料とスプレッドがあります。スプレッドとは売値と買値の価格差のことをいいます。

例えば米ドル/円の通貨ペアで売値が99.98円、買値が100.00円だとすると、スプレッドは2銭ということになります。この2銭がFX業者の利益になるのです。

たかが2銭ですが、これが1万通貨での取引になると200円になります。10万通貨の取引になると2000円になります。頻繁に取引を行うほどこの金額が膨らんできますね。また取引する額が大きくなればなるほどスプレッドの額も増えてきます。ですので頻繁に取引を行う方にはスプレッドが狭いFX業者を選ぶというのは大事なことになるのです。今ではスプレッド0円〜などというFX業者もあります。

取引手数料は1万通貨の取引で片道いくらなどと決まっている手数料です。ただ、最近は取引手数料が無料というFX業者も多くなってきました。

こう考えるとスプレッドが狭く、取引手数料が無料というFX業者を選べばいいとなりますね。

ただ、取引手数料も無料、スプレッドも0円となるとそのFX業者はどこで利益を得ているのでしょう?利益をだせない会社というのはいつかは破綻してしまうおそれもありますよね。

こう考えると、取引手数料無料やスプレッドの狭さだけでFX業者を選んでしまうのはとても危険なことなのではと私は思ってしまいます。もちろん、取引コストを安く済ませることは大切なことなんですけどね。

FX業者を選ぶときは取引コストというのもすごく大切ですが、そのFX業者の信頼性などもとても大事になってくると思います。コスト面だけではなく、妥協せずいろいろな側面からFX業者を選択することがFX業者選びには大切なことではないかと私は思います。

JUGEMテーマ:外為(FX)初心者でもよくわかる外国為替取引(FX)入門